電車内で泣いてる赤ちゃんに高校生たちが取った行動とは

ツイッター企画・雑記
スポンサーリンク

ハロー! 普段は車移動がもっぱらの田舎民です(´・ω・`)

どーも、スピカ(@Spica727_Mormon)です。

 

おっさん一応ツイッターもやっておりますが、普段あんまり自分からツイートすることはありません。しかしたまたまツイートしたものが、思いもよらず多くの共感を頂いたので、少し言葉を加えておきます。

おっさん
おっさん

朝起きたら通知の数に腰抜かしました!!

スポンサーリンク

電車内で泣いている赤ちゃんをあやす高校生たち

平日午後の混み始めた電車内で

仕事中の移動で、普段あまり乗らない電車に乗ったときの話です。

平日午後の電車内、少しずつ混み始める時間帯です。突然「おぎゃーっ!!」と赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました。声のするほうに目を向けると、1才前後でしょうか、母親と思われる女性に抱っこされた赤ちゃんがちらっと見えました。

最初はあまり気に留めなかったですが、だんだんと泣き声も大きくなり、泣いている時間も長くなると少し心配になり、もう一度赤ちゃんを見てみました。お母さんは荷物を背負ったままで赤ちゃんを抱きかかえ、必死に揺らしたり声をかけたりして泣き止ませようとするのがわかりました。

 

高校生たちの行動

少し周りがざわついてきたのを感じ、何かあやすものでもないかとカバンの中に手を入れていると、いつの間にかお母さんのそばに高校生の男女グループが立っていました。

彼らがもともと近くにいたのか、隣の車両から来たのかはわかりません。揃いのジャージを着ており、近くの高校の生徒だということはすぐに分かりました。

5人は手にスマホやキラキラ光るキーホルダーのようなものや、ハンドスピナーらしきものを赤ちゃんに見せながら一生懸命に笑いかけているのです。

 

優しい世界

正直、高校生たちがやってきたとき、一瞬「文句つけに来たのか!?」と思ってしまいました。彼らが何をしようとしてるかわかったときも、「泣き止むのか??」って心配になり、離れたところから成り行きを見守っていました。

するとどうでしょう。彼らの持ってきたものに興味が引かれたのか、赤ちゃんの泣き声は聞こえなくなり、変わりに赤ちゃんと高校生たちの笑い声が聞こえてきます。お母さんの様子は見えなかったですが、必死にお礼を言っている声が聞こえました。

 

見ているこちらが清い気持ちになりました

その後も交互に赤ちゃんを抱っこしながら、笑顔で赤ちゃんと遊ぶ高校生たちがいました。聞こえてきた会話から、どうやら高校生たちは職場体験学習の一環で近くの保育園でボランティア実習をした帰りだったようです。しかし保育園で活動したからといって、このような状況ですぐに体が動くというのはなかなかできないことだと思います。この高校生たちがいかに家庭や学校や地域社会で、よい教育を受けているかというのが分かります。そして本人たちの人としての心の清さもあるのでしょう。見ているこちらが清清しくなりました。

 

twitterでの反応

フォロワーさんたちにたくさん広めていただいたおかげで、ものすごくたくさんの人にツイートを見ていただき、多くの共感をいただきました。またスマートニュースに掲載されたことで、過去経験したことがないツイート通知の嵐を経験させていただきました。

といってもおっさんは何もいいことしてません笑
高校生たちの勇気と行動力は本当に賞賛に値します。きっと世の中には人知れず、善いことを行っている人がたくさんいると思います。彼らは聖書にあるように、「右の手のしていることを左の手に知らせない」ようにしているのかもしれません。

困っている人に対して、周りの評価を考えずにすぐに手を差し伸べることのできる。そんな人になれたらいいなと思っています。

また、ツイートにリプを頂いた皆さんが、全員ほっこりするコメントをしてくれたことに本当に嬉しかったです。「ツイッターの中の人、実はいい人ばっかり説」実証されてよかったです!

おっさん
おっさん

最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたにとって今日も明日もよい日となりますように!

コメント

トップへ戻る