モルモンの教会における「責任」について

モルモンライフ
スポンサーリンク

ハロー! 我が家におけるおっさんの最重要責任は「子どもの送迎」です(´・ω・`)
どーも、スピカ(@Spica727_Mormon)です。

 

末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン)において、「責任」という単語がよく使われます。この言葉の用法について、おっさん自身の実例から解説していきたいと思います。

 

おっさん
おっさん

車必須の田舎住みですから。

スポンサーリンク

モルモン教会で「責任」を受けるとは

ある日曜日、教会でぼけーっとしていると、ビショップから肩たたきされて、ビショップ室へ連行されました。

ビショップ

スピカ兄弟、最近どう?
忙しいー?

おっさん
おっさん

(ま、またこのパターン…)

めちゃめちゃ忙しいですよー。あははー☆

ビショップ

そうなんですねー。
じゃ、来週から〇〇の責任やってもらうからよろしくねー☆

おっさん
おっさん

(つ、つよい…)

教会ではさまざまな役割分担があって、例えば教会を管理するビショップとか、日曜学校の教師とか、青少年の指導者とか、ピアノ伴奏者など、本当にたくさんの役割があります。それらを「責任」(または「召し」)とよび、教会員はでこれらの責任を自由意志で引き受けて、数ヶ月から数年の間、その役割を果たすことになります。

 

おっさんはそれなりに年も重ねて、モルモン歴も長いんで、必然的にこれまでやってきた責任の数や種類も多くなります。でも基本的にそれぞれの責任は持ち回りなんです。普通にモルモンやってれば、数年置きにいろいろな責任に当たります。

 

教会で「責任」を受けることへのプレッシャー

ただ悲しいことに、責任を果たすことにプレッシャーを感じてしまい、いつしか教会から足が遠のいてしまう人もいます。男性でも女性でもどちらでもありうることですが、特に教会に入ったばかりの会員に、その傾向が強いと感じています。

例えば日曜学校の聖書クラス教師の責任を引き受けたとします。人前で教えるって難しいですよね。おっさんみたく適当にその場をやり過ごすスキルがあればいいですが、基本的に教会員はマジメな人が多いので、一生懸命やろうとするあまり空回りしてしまうことがあります。

ましてや教会に入ったばかりの会員だと知識も十分に無いかもしれないし、クラスの生徒の中には自分より聖書についてよく知っている人がいるし、孤独を感じてしまう場合があるようです。

 

「責任」を与える側にも大きな責任がある

もちろんこれは責任を与える側にも問題があります。責任を受けてくれる人がいないからと、誰でもいいと安易に決めてしまう場合も正直あると思います。誰がその責任にふさわしいのかを、祈りによって決めるのではなく、人の考えだけで決めてしまうこともあるでしょう。

責任は断ることもできます。おっさんも責任を断った経験が過去何度かあります。自分の健康状態や家族の事情や仕事の都合などで、いまは無理だと思えば、堂々と責任の依頼を断ってほしいです。ちゃんと言いたいことを伝える勇気も大事です。いつか自分ができるときが来たら、そのときにできる範囲で責任を果たしたらいいんです。

残念ながら、真の教会といえど、集う私たち一人ひとりは決して完全ではありません。人間的な弱さのために、誰かを傷つけてしまうこともあります。責任を果たすことへの圧力から、教会を離れてしまった友人たちをたくさん見てきました。もちろんそれは彼らの意思なので、誰も批判することはできません。

 

最後に

もしこのブログを読んでいる方で、いわゆるモルモンの指導的立場にある方がいましたら、誰かに責任を与えるときには、いままで以上にその人への愛と気遣いをお願いいたします。

また、このブログを読んでいる方で、教会に入って間もない人がいれば、いまの自分の状況をよく把握できるように、そして必要なら責任を断る勇気を得られるように、心より願っております。

 

おっさん
おっさん

最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたにとって今日も明日もよい日でありますように!

コメント

  1. モニカ より:

    スピカさんがおっしゃるように、責任は強制されるものではないと思いますし、引き受けるかどうかを決めるのは、召された本人の意思である筈です。
    昔の話ですが、モニカおばさんは扶助教会の責任を断わったところ、指導者の奥様から、聖餐会の壇上から怒りに満ちた表情と口調で非難されたことがあります。それまで指導者には逆らわず、言いなりになっていたので、責任を断わったことが意外だったのでしょうが、その時自分は舐められていたんだと初めて気付きました。
    その指導者夫人は、自分さえ良ければいいという根性の人で、他者の立場や心情を思いやれる人ではありませんでした。
    そのうえ、始末の悪いことに自分ではその高慢さに気づかず、自らを模範的聖徒と自信を持っているようでした。
    スピカおじさんは、末端の会員の心理を思いやれる良き指導者なんだろうなと思っています。

  2. fomalhaut1173 より:

    残念ながらそういった方もおられますね。兄弟でも姉妹でも。モニカさんもいろいろ苦労されてるんですね。本当に頭が下がります。
    責任を召す側の大変さもよく知っています。でもやっぱりD&C 121にあるように、寛容や偽りのない愛によって与えるものかと思ってます。
    おっさん自身が最末端のふらふらしてる会員ですから笑

トップへ戻る