教会に通うと自由が奪われる?
ー凧糸のたとえー

モルモンライフ
スポンサーリンク

ハロー! 帰宅してどっちが先に家に入るかをノラ猫と競争してます(´・ω・`)
どーも、スピカ(@Spica727_Mormon)です。

 

 

おっさんこうみえてもクリスチャンです。教会にはいろいろな戒めがあります。日曜日に教会に行くというのもその一つです。で、ときどき言われれるんですね。「戒めを守らないといけないなんて不自由だね」と。

否定も肯定もしませんが、おっさんの脳内メッセージをつぶやいてみたいと思います。

 

おっさん
おっさん

さらさらって読める量です(´・ω・`)

スポンサーリンク

「糸を切ると凧はどうなる?」のたとえ

戒めを守る、というテーマでよく用いられる話があります。教会の古い資料などに良く出てくるたとえ話です。お父さんと子どもが凧(たこ)あげをして遊んでいるお話です。空高く舞い上がった凧に子供は夢中になり、お父さんにこう言うのです。

 

息子

ねえねえパパ、凧をもっと高くあげようよ!

そうだ、糸を切ったらもっと高く上がるよ!

 

 

パパ

そうだね、やってみようか。確かに糸を切ったら凧はもっと高く上がっていくと思うけど、でもずっと飛ぶことができるかな?

 

息子

・・・あっ…いつか落ちちゃう…。

 

パパ

そうだね。凧は糸につながっているからこそ、自由に空を飛ぶことができるんだね。

 

この場合、凧が自分自身だとしたら、凧をあげている子どもやお父さんが神様、そして神様と自分をつないでいる凧糸は戒めとなります。戒めがあるからこその自由がある、という例えでよく使われています。

 

戒めは自由を与える

確かに「戒め」って聞くと、不自由さを醸し出しますよね。強制的とか束縛とかそんなイメージだと思います。たとえばお酒を飲まないという戒めに対して、難しく感じる人がいるのもわかります。しかしその分、飲酒運転を起こさない、過度の飲酒による健康被害を防げる、などのメリットもあります。

道路を歩いているとき、または運転しているとき、信号や道路交通法があることに対して「こんなルールがあったら不便だ!」と異を唱えることもできます。しかし法を遵守することによって、大切なものが守られることもあるのです。

神様が定めた戒めと、法律や社会のルールに共通しているもう一つのことは、どちらも守る守らないは個人の選択の自由だということです。そしてそのどちらも、守った場合あるいは守らなかった場合の報いは、良くも悪くも自分自身が受けることになるのです。

 

最後に

宗教を信じている人は頭の固い人が多そう、と思われるかもしれません。確かにそんな人もいます。そうでない人もいます。おっさん自身は教会の中で家族や友人と楽しくやっています。まったく何もかも疑問を持っていないわけではありません。しかし自分が不完全なことを自覚しながらも、前後左右にぶれながらも、それでもなんとか前に進んでいます。

このブログはおっさんの思うことをつづるだけなので、特に信仰を説いたり、勧誘したりするつもりはありません。綺麗事に聞こえるかもしれませんが、人それぞれに真実の種があり、自分自身で種をまき、その実を刈り取るのです。そしてその実を味わうのは自分なのです。

 

真理はあなたがたに自由を得させるであろう

(新約聖書ヨハネによる福音書 8章31節~36節)

 

おっさん
おっさん

最後までお読みいただきありがとうございました。
あなたにとって今日も明日もよい日でありますように!

 

コメント

トップへ戻る